So-net無料ブログ作成

アラン・スミシーさんの11月7日セットリスト

2017年 11月7日
吉祥寺ブラックアンドブルームで行われた
ムラタク企画『初恋9』
に《ひみつ付録》として登場し弾き語りライヴをしたアラン・スミシーさんのセットリストです。

この日、アラン・スミシーさんは、10時を過ぎてから登場し、
なんと!それから
1時間30分もライヴを演っていたのでした。
驚愕ですね!
ということで、《ひみつ付録》というアラン・スミシーさん独特のライヴスタイルの形態の全貌が、ついに明らかになりましたね!
もし、あの日、さらにアンコールに応えていたとしたら、2時間を超えてしまう可能性があったね! 
あぶないあぶない!
この日は平日の火曜日だったっていうのにだよ~
みなさん、ちゃんと帰れたのかな心配心配。

ところで、
この日、アラン・スミシーさんは
オリジナル新曲を披露していましたね。
『そして…』というタイトル曲です。
いろんな人の生まれた日が出てくる歌詞でしたね。
できるかぎり必要最小限の言葉だけで、作者の言いたいことを伝えようとしたミニマルな歌詩表現でありながら、ものすごくエモーショナルなエネルギーに満ちた新しいタイプのメッセージソングが作れたと作者は感じているようです。

あの曲で作者が伝えたいこと、作者の思い、メッセージはサビの部分の最後に出てくる、たった3文字の「そして…」という言葉の歌い方に、すべて込められています。
あの夜、吉祥寺ブラック&ブルーで、
新曲『そして…』を聴いた方々は、どう感じたかな?

あなたは、
そしてを生きているのですよ。
と、
あなたは、そしてを生きているのですよ。
と、
俺も、そしてを生きているのだ。

俺も、そしてを生きているのだ。
と、
もしかしたら、あの歌で、作者は、そう言いたいのかもしれませんね!

《アラン・スミシー弾き語り11月7日のセットリスト》

アラン・スミシーさん登場SE:~ EXTREME WAYS ~(JASON BOURNE)/MOBY

1曲目.『「彼らを泳がせよう」~何語か、わからない言葉で″アラン・スミシーさん″の数奇な半生が走馬灯のように歌われる、とくにサビ前の内容は凄まじい出来事が歌われているらしいけど、何語か、わからない言葉で歌われているから観客は悲鳴をあげずにすむように配慮されている観客に優しいアラン・スミシーさんの何語か、わからない曲~』

2曲目.『あんな大人ちゃんたちへ贈る軽薄な曲調の短い日本語の唄』

3曲目.『AKIRA』

4曲目.『そして』(※新曲)

5曲目.『大阪行きは何番ホーム』

6曲目.『よぼよぼじいさん』

7曲目.『愛のネス子』

8曲目.『本当の少年を見た事があるのだろうか(弾き語りversion)』

9曲目.『俺も何かをやってみようと思う。(弾き語りversion)』
 

共通テーマ:moblog